本文へ移動
特典1  「会員証」
ろうきん<マイプランクラブ>と同様にサービスを受けることが出来ます。
詳しくは「労働金庫」ホームページのマイプランクラブにてご確認ください。
特典2  「LWカード」
連合静岡の組合員、静岡県労福協関連団体の所属員、静岡県経営者協会会員企業の従業員ならびにそのご家族の福利厚生を目的とした優待カードです。詳しくは「NPO法人LWサポート」ホームページの優待店舗リストにてご確認ください。
みんなの協力・共同が、ライサポ友の会の活動原則です。
「一人は万人のために!万人は一人のために!」
私たちの基本は、協同組合原則にあります。
仕事と生活の調和を大切に
会員生活安定
福祉向上を目指して。
福祉事業団体(関連リンク先)
がバックアップします。
地域の仲間と
しく充実した人生を
退福共(協)と
ろうきんグリーン友の会が
応援します
 
安心と夢のある生活のために。
 
県内に居住または勤務する勤労者(雇用形態や賃金形態に関わらず働いている方・退職者を含む)の方ならどなたでも加入する事ができます。
現在、企業を退職されて、第二の人生を歩んでいる方や現役で働いていて、労働組合等に加入していない(労組が事業所に無い)方々、その他多くの仲間がライサポ友の会に加入しています。
溢れる笑顔と明るい未来のために、
ろうきん、全労済のご利用を通じて、
会員の生活をサポートします
お一人お一人のニーズに合わせた、最適なプランでご支援。
❤財産形成のご相談は「ろうきん」へ 
保障のことなら「全労済」ヘ
 
 

ライフサポートセンター友の会(通称:ライサポ友の会)について

《ライフサポートセンター友の会とは・・・・・》
 
◆ライフサポートセンター友の会は、「県労働者福祉協議会」傘下の福祉事業団体が行う活動を広くPRし、生
 き甲斐づくりや社会貢献活動に参加しやすい環境を提供することで、会員の生活の安定と福祉の向上に寄与 
 することを目的としています。
 
◆また、一般勤労者の方や、退職者の方は「ライフサポートセンター友の会」への加入により、<ろうきん>
 <こくみん共済coop>を始めとする「福祉事業団体」及び「(公財)労働者福祉基金協会」・「ライフサ
 ポートセンターしずおか」が提供する「暮らしなんでも相談」や「生きがい作り支援」等のサービスを利用
 する事ができます。
 
  ※<ろうきん>は、団体組織を会員とする協同組織の福祉金融機関であることから、ろうきんの会員に
    所属しない一般の勤労者の皆さまには、「ライフサポートセンター友の会」に所属いただき、
    ろうきんとのお取引をいただいています。
 
◆更に、ライフサポートセンター友の会には、<県退職者福祉協議会>と<ろうきんグリーン友の会県連絡会>
 という二つの団体も組織加盟しており、ろうきんの支店単位に、○○地区退職者福祉共済会(協議会)や○○地
 区ろうきんグリーン友の会として、それぞれ独自の活動を行っています。
 
 退職者福祉共済会(協議会)とは!
  定年退職を迎えられた後、引き続いて「相互扶助」を基本に、<ろうきん><こくみん共済coop>などの
  福祉事業団体との生涯取引をする事により、高齢者社会に対応した生活の安定と充実した日々を過ごすこ
  とを目的に設立された共済団体です。現在、県下約3,200名の仲間が加入し、静岡県内の23ヶ所の地区組
  織で、それぞれ会員相互の連帯と親睦を深める活動を行っています。
 
 ろうきんグリーン友の会とは!
  家庭の主婦や働く女性の相互の交流・親睦をはかり、健康で明るい生活を送るために、様々な活動を自分
  たちで企画・実施している女性だけのグループです。現在、県下約2,000名の仲間が加入し、静岡県内17
  地区に分かれ、それぞれ地区独自の活動を行っています。
 
 ◆「退職者福祉共済会(協議会)」並びに「ろうきんグリーン友の会」の活動内容につきまして
  は、<活動情報>・・・<活動報告>のページをご参照ください。

誰でも友の会に加入できるのですか ?

◆県内に居住または勤務する勤労者(雇用形態や賃金形態に関わらず働いている方・退職者、配偶者や18歳以
 上の家族を含む)の方なら、どなたでもご加入する事ができます。
 
◆企業を退職されて、第二の人生を歩む人たちや、現役で働いていて職場に労働組合の無い方、また労働組合
 に加入していない方、更には現在求職中の方、等々多くの仲間が加入しています。
 
 

加入手続きについては、どのようにすればよいですか

◆所属労働組合、または静岡県内の<ろうきん>各支店・ローンセンターにてお手続きいただけます。
 ○加入にあたっては、「ライフサポートセンター友の会加入申込書」をご提出いただきます。
 
◆加入金は、1,000円となっておりますが、<ろうきん>や<こくみん共済coop>等の福祉事業団体
 でお取引をいただいている方は入会金が免除となります。
 
加入いただいた後の、年会費等はありません。
 

どの様なサービスが受けられるのですか ?

◆会員の方には、年2回「友の会会報」を発行し、各地区労働者福祉協議会や(公財)労働者福祉基金協会・
 ろうきん・こくみん共済coop・ユニオントラベル等の福祉事業団体が行う、サービスやセミナー、
 講演会等のイベント情報をお送りしています。
  ※右列の「ライフサポートセンターしずおか セミナー・講演会のご案内」・「WEBカタログ&会報」
    をご覧ください。
   
◆会員証やLWカードのご提示により、レジャーやお食事など、お得に楽しむ特典があります。
 くわしくは 静岡県労働金庫 「ろうきんマイプランクラブ」
       NPO法人LWサポート「優待店舗リスト」をご参照願います。
  ※ 右列の「ろうきんマイプランクラブ」・「NPO法人LWサポート優待店舗リスト」から
     確認できます。
◆「ライフサポートセンター友の会」からさらに、地区の退職者福祉共済会または地区ろうきんグリーン友の会
 にご加入頂ければ、それぞれが実施している独自の「生き甲斐づくり」や「健康維持促進」の活動に参加する
 事ができます。詳しくは 別項の「県退職者福祉協議会」または「ろうきんグリーン友の会県連絡会」の項を
 ご参照下さい。
  ※ 活動情報欄の活動報告のページに、各地区の退福共(協)やグリーン友の会の活動を
     ご案内しています。

ライフサポートセンター友の会 第16回総代会 開催報告

  2021年5月14日(金)勤労者総合会館5階展示室にて、第16回総代会が開催されました。
  集合形式として行われるのは2年ぶりとなります。
 
  総代会は、吉岡会長の挨拶に引き続き議案審議を行い、全議案とも満場一致で承認され無事終了ました。
  会員・役員をはじめ、各福祉事業団体の皆さまの引き続きのご支援とご協力を宜しくお願い致します。

 【吉岡会長 挨拶要旨】
   新型コロナウイルス感染症拡大により社会は大きく様変わりした。今、世の中はどん底を経験しているが
  いずれ回復してくるだろう。回復するために身に着けた知恵というものは本物であると私は思う。
   人が本物の知恵を付けた時、社会は一歩前進をする。その時に組織も一歩前進しなければならない。
   ライサポ友の会は、未組織労働者のろうきん利用による利用配当金を集約し、その利用配当金を労働者自
  主福祉運動に循環していくシステムであり、守り人である。そして労働者自主福祉運動を展開していくの 
  は、地域・地区労福協、退福協、グリーン友の会である。このような仕組みを是非ともご理解ご協力いた
  だきたい。

 【第16回総代会における主な提案内容】
  ◇ライサポ友の会は、県労福協傘下の福祉事業団体が行う活動を広くPRし、生きがいづくりや社会貢献活 
   動に参加しやすい環境を提供することで、会員の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としてい
   ます。
  ◇2021年3月末現在、友の会の会員数は、84,833名になりました。
   ライサポ友の会の会員が増加することは、未組織勤労者の福祉事業団体の利用者を増やすこととなり、福
   祉事業団体の活動の基盤拡大とともに活動の安定化に直結する重要な方策となります。
  ◇2021年度は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により「会員特別価格の日帰りバスツアーや割引チ  
   ケットの販売」等のイベントを断念し、それに代わる会員への直接サービスとして「生活応援大抽選会」 
   を実施していきます。
                                              以上

ライサポ友の会 第16回チャレンジ川柳 結果発表!

たくさんのご応募ありがとうございました。 今回のお題は『 家族 』

 2021年1月15日(金)~2月15日(月)にかけて「第16回チャレンジ川柳」を募集したところ
県下各地から246作品の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました。
審査の結果、以下の作品が入選となりましたので発表いたします。
 
 【最優秀賞】
 ◆アルバムに 紡いだ日々の 笑顔あり   (石垣 君子様/静岡市駿河区)              
 
 【優 秀 賞】
 ◆腕まくり まかせなさいと 鍋奉行  (神田 孝幸様/浜松市西区)
 ◆家族会議 猫を味方に 妻二票    (小石 武男様/裾野市)
 ◆家族には 言えない事を ポチに言う (中島 猛   様/裾野市)
 ◆お正月 肩寄せあって 七ならべ   (渥美 育雄様/浜松市浜北区)
 ◆我が家族 マスクの中で 大笑い   (北角 敏行様/湖西市)
 
 【佳  作】
 ◆その荷物 持ってあげるよ でも抱っこ   (山下 有希子様/浜松市中区)
 ◆子ら巣立ち アッと言う間に また二人   (峰本 邦子様/静岡市駿河区)
 ◆にぎやかに 家族で囲む なべの味       (大西 秀隆様/三島市)
 ◆コロナ禍で 家族で過ごす 密時間       (山本 和広様/静岡市清水区)
 ◆豆を煮る 母の料理を なつかしむ       (石川 惠美子様/下田市)
 ◆堪えし日々 家族の笑みに ささえられ     (土屋 周治様/伊東市)
 ◆つれあいの いびきもいつか 子守りうた  (松本 昌子様/富士市)
 ◆ここちよい 空気の中で 育つ愛          (藤本 眞二様/田方郡函南町)
 ◆孫の手が 還暦の手を にぎりしめ         (大橋 恵美子様/島田市)
 ◆子育てと 両立させる パパ育て          (西原 春香様/島田市)
 
 【入  選】
 ◆ふたりして 子供の寝顔 そっと見て      (河嶋 太吉様/浜松市浜北)
 ◆迷い道 母の姿が 道しるべ                (酒井 さかえ様/伊豆市)
 ◆だれのマネ 頬杖してる 一歳児            (朝倉 麻記様/浜松市中区)
 ◆コロナ禍で 家族旅行も ままならず      (成岡 町子様/島田市)
 ◆コロナより 体に悪い 妻のグチ          (山口 富由様/裾野市)
 ◆おうち時間 だんらんするも かみあわず  (臼井 明美様/裾野市)
 ◆言い合いも ボケ防止策 老夫婦            (神田 典子様/浜松市西区)
 ◆めがさめて 夫のね息 確かめる            (山下 初美様/湖西市)
 ◆卓袱台を 囲みし家族 いま一人            (中村 典夫様/静岡市葵区)
 ◆咲く花の 匂い悦び 春の庭                (江端 道子様/浜松市中区)
 
 【総  評】
   家族がテーマでしたが、そのほとんどがコロナに関連した句でした。
   それだけコロナが生活や家庭の中に入り込んでいる証だと思います。
   短詩文芸は韻文であり、リズムを大切にすることにより、自分の思いを相手に
  届けることを大切にしていますので、まずは5・7・5のリズムを大切にし、
  出来上がったものを、声に出して読んでみることをお勧めします。                                
                                 (今田久帆先生)
  
 <お問い合わせ先>
 ろうきんグリーン友の会県連絡会 事務局
 静岡県退職者福祉協議会 事務局
 ☎ 054―275―1388
お問い合わせはこちら

ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。
ライフサポートセンター友の会
〒420-0851
静岡県静岡市葵区黒金町5番地の1 静岡県勤労者総合会館4F
TEL.054-272-5433
FAX.054-275-1377
 
静岡県退職者福祉協議会
TEL.054-275-1388
FAX.054-275-1377
 
ろうきんグリーン友の会県連絡会
TEL.054-275-1388
FAX.054-275-1377
 
TOPへ戻る